派遣の薬剤師の福利厚生について

派遣薬剤師の福利厚生

派遣薬剤師として働くことを選ぶ薬剤師の福利厚生というのはどのようになっているのでしょうか。派遣薬剤師は派遣会社と雇用契約を結び、薬局や病院に派遣されます。派遣先と直接雇用契約を結んでいるわけではないので、派遣先の福利厚生ではなく、派遣会社が用意した福利厚生を利用することになります。

では、派遣会社の福利厚生はどのようになっているのでしょうか。ある有名な派遣会社を例にとって書いてみます。まず、ほぼ完備していると言っていいのが、各種社会保険と有給休暇です(条件を満たしている必要があります)。各種社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災)については、所定労働時間が週30時間以上、かつ2ヶ月と1日以上の就労、または当初の契約期間が2ヶ月以内だったがその契約期間を更新する場合に加入できるようになっています。雇用保険は週の労働時間20時間以上、かつ31日以上就業が見込まれる場合に適用となります。労災保険は、派遣期間中無条件で適用されます。派遣薬剤師であっても有給休暇も取得できます。有給休暇は、6ヶ月以上継続勤務し、労働日数の8割以上出勤した場合に、その出勤日数に応じて有給休暇が付与されることとなっています。

あと、見逃してはいけないのが薬剤師賠償責任保険に加入できるかどうかです。これは何かといいますと、調剤ミスや服薬指導ミス、管理ミスにより、変更被害をもたらした場合にその法律上の損害賠償責任を担保する保険です。これに加入できる派遣会社であれば、手続きも代行してもらえますし、費用も会社負担で加入することができます。これが完備している場合、たいてい派遣会社のホームページに記載がありますが記載がない場合は派遣会社に問い合わせてみることをお勧めします。あとは利用する派遣会社によっては年1回(夜勤の場合は半年に1回)の健康診断やインフルエンザの予防接種、健康保険や厚生年金に加入されていれば加入している健康保険組合が提携しているスポーツクラブや保養所などの施設を低価格で利用できる場合もあり、福利厚生という点で考えると、正社員やパートで働くより良い福利厚生になっている場合もあります。

また、薬剤師にかぎらず医療業界というのは日々新薬が登場し、新たな医療技術が登場していますので、日々の勉強が欠かせません。そこで、福利厚生として様々な勉強会や研修を用意している派遣会社もあります。勉強会はスキルアップには不可欠ですので、充実していると嬉しいですね。

派遣の薬剤師求人の人気エージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社メディカルリソース
ファルマスタッフの詳細はコチラ